得られるサービス

木材利用ポイントを有効に活用しよう

家屋を新築したり、内装や外装に木材を利用したり、薪ストーブや木材製品を購入した際に発生するのが木材利用ポイントです。地球温暖化や森林の適正な整備・保全を目的とし、農山漁村地域の振興に役立っています。 購入した木材は、家屋の場合は面積に応じて、製品の場合は対象商品に対してポイントが付与されます。ポイントは地域の農林水産品、体験型旅行、一般商品券などに交換可能なほか、寄付することもできます。木材を使用した家屋や製品は、機能面に優れているだけでなく、生活を豊かにし、身体や環境にも優しいうえ、使用しただけで木材利用ポイントがもらえる点が魅力です。ただし、交換するには決められた申請時期があるので注意が必要です。

木材利用ポイントはいつどこで始まったのか

地球温暖化防止や森林の適正な整備・保全、循環型社会に貢献することを目的にするとともに、農山漁村地域の振興に貢献しているのが木材利用ポイントです。林野庁管轄の専門事務局を設置しており、専用のホームページを設けています。 木材利用ポイントの歴史はまだ浅く、平成25年3月に着手された新しい事業で、初めてポイント申請受付が開始されたのは平成25年7月1日です。主に木造家屋を新築・増築した場合や、対象となる木材製品を購入した際に木材利用ポイントを獲得することができ、そのポイントは商品券や特産品、体験型旅行、寄付などに代えることができます。 ポイントに交換できる対象工法や対象地域材の樹種も徐々に追加されています。