ポイントの利用方法

今回の住宅エコポイントの利用方法

住宅エコポイントが3月10日から受付を開始ししました。住宅エコポイントは過去2回実施されていますが今回は消費税の値上げ後の住宅市場を活性化する経済対策として再開されました。対象となるのは、2014年12月27日以降に工事の契約をして2016年3月末までに着工するものです。住宅の改修は窓の交換などの断熱の工事、節水トイレの設置、バリアフリーで段差を解消する工事でそれぞれポイントを設定しています。上限は30万円ですが、別枠で耐震工事15万円が付きます。利用方法は、直接エコポイント事務局に郵送するか、施工会社に必要書類を提出します。今後の動向は前回同様に予算をクリアすると予測しますので手続きは早めにお済ませください。

住宅エコポイントの利用の際の注意点

住宅エコポイントの利用の際の注意点は、早い者勝ちで締め切られてしまうので申請手続きは早めにすることです。過去2回の実施も早いうちに予算をクリアしています。15年度当初予算で事業費合計905億円を設定していますが、無くなり次第終了します。 また、2016年3月末までに着工するものが対象となっていますが、東日本大震災の復興で住宅資材の不足や高騰が続いています。希望の製品が手に入らず有効期間までに着工できない可能性もありますから、施工業者様から情報の提供と綿密な連絡を取ってください。新築でも改修工事でも対象になります。また、最近では中古住宅の新たな活用方法も注目されていますので、住宅エコポイントを利用して今までに無い活用方法を検討する良い機会です。