設置で得られる

住宅エコポイントのメリットについて

住宅エコポイントは2015年の3月から制度が開始され、新築住宅やリフォーム工事などで省エネ性の高い設備機器や断熱効果の高い工事を実施した場合に、それぞれの内容に応じた住宅エコポイントが付与されるという仕組みになっています。 今回の住宅エコポイント制度は2016年の年度末で締め切られることになっており、国の決められた予算内で省エネに貢献した方に対して還元するという目的になっています。 住宅エコポイントが付与される具体的な条件は、節水型のトイレや断熱性を高める断熱工事、電気エネルギーを作り出す太陽光発電設備や、空気熱を取り入れて効率的に給湯する設備などを設置する場合に住宅エコポイントが与えられ、ポイントは商品カタログの中から欲しいものを選択したり、商品券と交換などに用いられることになっています。

復活!住宅エコポイント

2015年3月、住宅エコポイント制度が2年半ぶりに復活します。 今回の制度では太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯器、節湯水栓などの水回り設備にも対象が拡大されました。この5種類の住宅設備のうち3種類以上を設置した場合に住宅エコポイント付与の対象となります。 エコ住宅の新築では一律30万円分のポイントが付与され、またエコリフォームでのポイント付与は一戸当たり上限30万円分となります。 このほか、耐震改修でも別途上限15万円分のポイントが付与されますので、住宅エコポイント対象工事と耐震改修を併せて行うことで最大45万円分のポイントを獲得できます。 住宅エコポイントは商品券や全国の特産物、省エネ性能に優れたエコ商品との交換が可能です。 この機会に住宅にエコな設備を取り入れてはいかがでしょうか。